ふぐの季節が終わって…

季節の変わり目や、花粉なんかが原因で、やや体調を壊しがちです。

花粉が咳喘息を引き起こすなんて、初めて知りました。

どうりで鼻水とともに咳が止まらないなぁなんて思っていたのですが。

 

先日、お世話になっている某お店に、拙誌「はま太郎」の企画で協力してくださっているA先生をお連れして、ひれ酒をいただきました。

 

美味しいお酒は、体にいいはず。

というわけで、出汁を吸い尽くすまで継ぎ酒を…。

案の定、翌日は軽く二日酔いでした。

体が資本、…否、裸一貫なのですから自重しなければいけませんね。

 

さて、早いもので、気持ちは次号へと向かいつつあります。

ネコーシカの制作を楽しみつつも、雑誌作りのための材料を集めるべく真新しいスニーカーをおろします。