雑誌ができます!

だいぶご無沙汰してしまいました。

8月末日に会社設立してから、3ヶ月…。

ようやく雑誌が1冊出来上がろうとしています。初っ端のテンプレート作りから立ち上げるのはやっとのことでしたが、土台ができたことで一つ負担が解消しました。

 

さて、雑誌の名前は「はま太郎」。

横浜の民衆文化を取り上げた、60ページの読み物です。

コンセプトは、「酒のツマミになる民衆文化誌」。ですが、お酒を呑まない方にも楽しめる内容を盛り込んでおります。

 

 

価格は散々迷った挙句、800円(税抜き)に設定しました。

この出版不況の世の中で、「800円は高いよ!」という方が相当数いらっしゃることは想定の範囲内なのですが、あえてこの値段を設定させていただきました。

 

刊行は来月15日を予定しております。

現在、書店その他の店舗様を含め、何店舗かでお取り扱いいただけることになっていますが、詳細は追ってお知らせ致します。

 

もちろん、ネット通販も可能。弊社(伊勢佐木町)でも販売しておりますので、是非お求め下さい!

 

あくまで、ミニコミ的自由を失わず、遊びゴコロのあるものを目指しました。

一方で、歴史にまつわる記事については惜しみなく文献を引き、人の話を聞き、裏付けを取るなど、慎重な調査を重ねております。

 

酒のツマミにうるさい方にも満足いただけるボリュームと刺激を感じていただけること請け合いです。(言ってしまった!)

 

これからどんな発展を遂げていくのか、作っている人間すら想像が及ばないのですが、楽しんでいただけたら幸い。

 

つきましては、ご予約・取り扱い店舗様を募集致します!

お問い合わせは、メールまたはお電話にてお願い致します。

 

株式会社 星羊社 はま太郎編集部

info★seiyosha.net(★を@に代えて)

045-315-6416(10:00~19:00)

※ただし、スタッフが少人数のため(泣)、取材で外出している場合など、お電話に出られないことも多々ありますので、なるべくメールにてお問い合わせいただけると助かります。

 

お取り扱いについての委託条件は追って星羊社公式HPにてお知らせ致します。

 

 

ちなみに初版200部には、スタッフ手製のシオリがひっそりと挟まっています。笑