新境地にて

新しい職場での3日間が終わって、土曜日は家でダラダラと絵付けの作業なんかをしていた。

 

 

金曜のお昼、社長や編集長らとランチを頂いた。

ものすごく率直に、色んな質問をされたのが印象的で、ずっとそのことを考えていた。

 

どうしても、正直に誠実に話そうと思うと、ほんと気が利かないダメな奴みたいな、腑抜けた返答しかできないものなんだな。

 

 

今回受け入れてもらった会社には、かけがえのないブランド力を感じている。

今の段階では、そこで何かに携われることに、ただ喜びを感じているだけなのだ。

まだよそ者の感覚で、この会社はどんな会社だろう、どんな展望があるんだろう、とか、応援したいなぁ、とか、そんな野次馬的な部分が多く残っている。

また、私には何かと何かを比べる材料もない。

全てはインスピレーションなのだ。

今ある環境は、自分の意思で選んだからこそ最高なのだと思っている。

 

 

こんなこと、気軽なランチでいきなり話し始める奴は、なんか信じられないでしょう?笑


 

むしろ、

こんな変な奴が来ちゃって大丈夫ですか?と、

質問返しをしてしまいたいくらいだった。

 

 

試用期間終了で、こちらがフラれてしまう可能性も無きにしもあらず。

まあ、そこはあまり考えないように、全力でやっていきたいと思います!