わたしのマチオモイ帖

東京ミッドタウン デザインハブで現在開催中の「わたしのマチオモイ帖」。

開催2日目に行ってまいりました。

 

 

この展示会は、メビック扇町が、「1町、1クリエーター」のコンセプトの下、ミニブックまたは映像によって、思い入れのある町の紹介をしよう、と企画したものです。

 

この企画のハートフルなところは、

・クリエイターの参加費が無料であること。

・ミニブック部門の製本も無料でやってくれること。

・展示会場への入場料も無料であること。

 

 

金銭的に余裕のないクリエイターであったとしても、時間さえあれば、この企画に参加し、自分の愛する町への情熱を表現することができます。

 

クリエイターにとって、参加のハードルが低くなるということは、作品の自由度が格段に増すものなのですね。

いい意味で、作品の質が画一化されていなくて、好きなだけ思いの丈がぶつけられている、そんな力強い展示会です。

 

 

今回2回目の開催ということなのですが、今後も開催していくとしたら、もっと参加者が増えて行くでしょうね!

いずれ町が1000を超えた時、それを編集した1冊の本なんかになっても面白い。

電子化して、なんか不思議な電子マップができたぞ、みたいになっても面白い。

今後どんな方向へ向かって行くのか、とても楽しみな企画なのです。

 

入場料も無料だということなので、どんどん人が集まればいい。

 

 

残念ながらオープニングには行けなかったのですが、是非クロージングには参加させて頂きたいです。

 

 

私は、青森県青森市古川という町のミニブックで参加しています。

若干のデータ入稿ミスを見つけてしまい、悔しいのですが、

訪れた際は是非見てやって下さいまし!